歯科技工所 studio m' - インプラント ジルコニア 愛知 名古屋 全国対応 -

ジルコニア・セラミック【歯科技工所 studio m’】

歯科技工所studio m’はインプラントはもちろん「ジルコニア・e-max」によるセラミック修復物の製作も得意としています。

歯科技工所studio m’の「ジルコニアセラミックス」

以前はメタルセラミックスが主流でしたが現在はそれに変わり「ジルコニア」をメインで利用するラボが多いでしょう。

ジルコニアは正式名称で言うと「酸化ジルコニウム」と言います。

身近なものでは包丁やゴルフクラブなどに使われていて、他には人工の股関節やNASA のスペースシャトルの部品の一部にも使われています。

さらには、人工で作るダイヤモンドとして装飾品にも使われていて強度と加工のしやすさを併せ持った材料です。

1,200Mpaと言う高強度の材料なので、ほぼ全てのクラウンブリッジに応用することができます。

しかし、ジルコニアでの中でも強度の高いものは透過性が少なく発色が強いため口腔内にセットした時に白く浮いたような状態に見えるので多くの場合は表面にステインをして明度を落とす必要があります

最近では透過性の強いジルコニアもラインナップとして選択することができますが、そのぶん曲げ強度が落ちるので治療するケースを選ぶ必要があります。

歯科技工所studio m’の「高強度ガラスセラミックス(e-max)」

高強度ガラスセラミックス(e-max)はジルコニアに比べ曲げ強度は落ちますが、天然歯に近い透過性があり前歯部などの審美エリアに対してのアプローチには最適な材料です。

特にオススメしたいケースは前歯のラミネートベニヤ修復。

ガラスセラミックスの特性である天然歯に近い透過性を利用して、天然歯に近い仕上がりが再現可能なことと補綴物内面をフッ酸処理することにより高い接着強度を得ることができるので維持形態を与えることができないラミネートべニアにはおすすめです。

ジルコニア・セラミック【歯科技工所studio m’】

ジルコニアと高強度ガラスセラミックスについて説明してきましたが、

オールセラミックスの選択基準として高強度ガラスセラミックスは、天然歯に近い透過性があるというメリットと接着できるという観点からラミネートベニアやセラミックインレーに向いていると言えます。

その他のブリッジや連結冠、インプラント、クラウンなどの症例にはジルコニアという選択が、現在における基準ではないかと考えます。

ジルコニア・セラミック治療で歯科技工所(技工士)をお探しのクリニック様へ

Contact  – studio m’へのお問い合わせ